至道無難
2018年    6月   
1 (金)
2 (土)
3 (日)
4 (月)
5 (火)
6 (水)
飛躍への補助

武道の稽古の目的は技の切れや派手さではない。強くなることが目的ではない。生きていく上での目標にいたる道を求めていくもの。大きく飛躍していくための補助に過ぎない。淡々と、悠々とやって行けばそれでいい。

目標に 至る道とや 梅雨晴れ間         無得庵是空
7 (木)
8 (金)
9 (土)
10 (日)
経師と人師

「三年我慢するより、三年かかっても師を探せ」という。武者修行は、その道の大家を求めて旅をすること、なのだ。ところが、「経師は遭い易く、人師は遭い難し」というように、そういう師にめぐり遭うことは、そう簡単ではない。技の優劣ではない。人、なのだ。

修行とは 師を探すこと 五月果つ        無得庵是空
11 (月)
12 (火)
13 (水)
練習 稽古 修行

「練習」とは回数を決めてその通りにやること 「稽古」とは倒れるまでやること 「修行」とは何度倒れても起き上がって行うもの(死と向き合いながら)。武術を始めて、「練習」の段階で終ってはならない。奥の奥、それには覚悟がいる。少しずつ、然り、少しずつ、なのだ。

深きもの 浅く見るなよ 梅雨夕焼け      無得庵是空
14 (木)
15 (金)
16 (土)
17 (日)
18 (月)
19 (火)
20 (水)
21 (木)
22 (金)
23 (土)
24 (日)
25 (月)
26 (火)
27 (水)
28 (木)
29 (金)
30 (土)