社論・乾坤一擲管理
<<BACK  2018年  NEXT>>
1月12日(金)乾坤一擲    青葉区版417号

有馬記念、キタサンブラックの快走、暮の12月24日は、「まつり」の歌で、中山競馬場は盛り上がった。そう、この馬、演歌歌手北島三郎の愛馬である。有馬記念は、競馬の「オールスター戦」として昭和31年に「中山グランプリ」の名称でスタートした。最初、プロ野球のように、ファン投票で出走馬を選出する方式を採っている。当時、有馬頼寧中央競馬会理事長の発案だった。この方、久留米藩15代当主、戦前はプロ野球、東京セネターズのオーナーでもあった。府中の東京競馬場ではダービーが行われる。それに対抗して、中山でも何か大きな大会を、として作られたのだ。第1回は大盛況だった。ところが創設者は急逝する。その功績を称えて、第2回目から有馬記念と改称するのに誰も反対はなかった。今年で62回である。これに勝った馬が、キタサンブラックである。売れ残った数百万の子馬だった。それが18億8千万円、歴代1位の賞金を獲得し、引退したのである ◆正月明けると、プロ野球の、「燃える男」「闘将」、星野仙一死去のニュースが飛び込んだ。あれっと思った。闘病の噂もなく、野球殿堂入りのニュースで、元気なスピーチで話題を残していた。選手の時も監督時代も、とにかく話題の多い人だった。大学は明治、当時東京六大学は華やかだった。ところが星野仙一、一度も優勝はなかった。中日に入団すると巨人戦には闘志をむき出しにした。特に、長嶋茂雄、王貞治の二人の大打者への投球はテレビ時代に突入した野球中継の華だった。監督は古巣の中日から。巨人の王監督への拳を突き出すジェスチャーでの抗議は話題になった。あと阪神、楽天へ。東日本大震災の宮城を勇気付ける日本シリーズ制覇。監督として有終の美を飾っている ◆北島三郎、流しのサブちゃん、本格的な歌手になる前、新宿を流していた。それが歌のヒット、馬主になってキタサンブラックと出会うのである。星野仙一、ドラフトでは巨人との約束があったのに、巨人は田淵幸一を外すと、島野修を指名。直後、星野は「島と星を書き間違えたんではないか」と憮然。これがプロ野球界へのスタートだった。年末年始、競走馬界とプロ野球界の大きな話題で、戊戌、新しい年へ突入したようである。

あおばタイムズ
http://www.ningenkobo.com

2月 9日(金)乾坤一擲    青葉区版418号

「我輩は猫である」の、文豪・夏目漱石の相撲好きは有名である。門下生が「どうして相撲が好きなのか」と聞くと、「相撲は芸術だよ」と言って、「日頃の猛練習によって、筋肉の全てを自由自在に働かせることができる。数秒のわずかな間に、相手の手に応じて妙技を奪って勝負をつける。負けるにしても、奇麗にパッと負ける。これが実にいい。一つの技巧だね。芸だね。相撲にはそういう芸術的なところがある」と答えているのだ。両国・回向院の境内で晴れた日の10日間だけ行われていた相撲興行は楽しみに通った。そこに明治42年、国技館が建てられた。翌年、漱石は、伊豆の修善寺温泉で大量の血を吐き、九死に一生をえている。その後、国技館で春場所を楽しんで、この世を去った。作品には数々の相撲の話が出て来る。希代の相撲見巧者だった。今ならば、横綱審議会、評議委員会、このあたりに夏目漱石議長、ピタリのようである ◆立行司・40代式守伊之助、酒の席での失態で相撲界を去る。式守伊之助というと、やはり19代だろう。「ひげの伊之助」、昭和33年(1958年)の秋場所の出来事だった。その年、翌年4月の皇太子ご成婚に合わせてテレビが各家庭に揃いだした。プロ野球では巨人の新人・長嶋茂雄の4打席4三振の開幕中継は日本中を沸かせた。8月には早稲田実業の王貞治投手が巨人入団発表。相撲は栃錦・初代若乃花の、栃若時代の全盛である。相撲の中継も大人気だった。その年の秋場所初日、相撲史に残る行事差し違い事件が起きたのだ。横綱・栃錦と前頭七枚目・北の洋の一番。北の洋の速攻の寄りで、つまった栃錦が土俵際で突き落とし。両者同体で土俵下に落ちた。伊之助は軍配を栃錦に上げたが、行司差し違え。北の洋の勝ちと判定された。これに伊之助は服しない。一歩も引かない。五分たち十分たっても、軍配をあげ直さず、白いひげをふるわせて抗議しているのだ。観客席からは「伊之助、頑張れ」の声。これによって、12日から13日まで出場停止処分。再び土俵に登場した時、国技館がゆらめくほどの拍手で迎えたのである。「正直にものいひて秋ふかきかな」久保田万太郎の句である。

あおばタイムズ
http://www.ningenkobo.com

3月 9日(金)乾坤一擲    青葉区版419号

韓国・平昌での冬季オリンピック、日本は金4、銀5、銅4、合計13、の好成績を残した。長野の10を越えた。韓国での冬季五輪に、雪は大丈夫か?施設は?とちょっと心配だったが、始まると日本中が燃え上がった。怪我で心配した羽生結弦の見事な復活劇、男子シングルス金メダル、これが火を点けた。冬季五輪、シングルス二連覇、は66年ぶりの快挙である。羽生結弦、国民栄誉賞が今話題になっている。翌日、小平奈緒がスピード女子初の金メダル。2位の韓国・李相花と健闘をたたえ合うシーンは胸を打った。続く金は女子パシュート。これは「追い掛け」、「追跡」という競技。初めて見る。チームプレイだ。自転車競技にもある。風の抵抗の少ない小柄な日本人には有利。高木美穂が引っ張ってオランダを破り金。最後は新種目のマススタート。ルールはよくわからないが、最周の直線で抜け出した姉の高木菜那が五輪新種目の初代金メダリストになった ◆話題を集めたのは女子カーリングだろう。このカーリング、どうも、見ていて、あまり引き付けるものはない。あのブラシのようなもので氷をゴシゴシと掃き、声を掛け合う。結果はよくわからない。スポーツとは思えないのだが、発祥は15世紀、英国、スコットランド。平らな川石を氷の上に滑らせていた。日本で行われた1998年の長野五輪で初めて採用されている。「氷上のチェス」と呼ばれ、理詰めの試合を展開していく。高度な戦略が必要なのだという。攻める側になったとき、集まって話し合う。決める時の日本チーム、「ソダネー」の掛け声が、北海道訛りで大変な話題になった。要するに、このスポーツは氷上のゴルフなのだ。やってる人たちだけで楽しむもの。休憩中の「モグモグタイム」、苺の売れ行きが伸び、地元北見の菓子店が販売するチーズケーキ「赤いサイロ」に注文が殺到するという、日本女子カーリング銅メダル獲得の裏側で、こんな話題が拡がっている ◆ただ、この平昌五輪は、南北朝鮮の大きな動きの前触れでもあった。制裁に耐えられなくなった、北の金正恩、板門店での南北首脳会談に合意した。まだまだ朝鮮半島から目を放せなくなった。

あおばタイムズ
http://www.ningenkobo.com

CGI-design