社論・乾坤一擲管理
<<BACK  2019年  NEXT>>
1月11日(金)乾坤一擲    青葉区版429号

今年の箱根駅伝は東海大学が初の総合優勝。お正月名物のこの大学駅伝は1920年に始まって95回目。この間、戦争で3回開催されてない。このところ毎年盛り上がって、今年のテレビ視聴率は史上最高。記録もどんどん更新される。速くなってるのは、今話題の厚底靴だという。今回の箱根駅伝では選手の4割が使用している ◆NHKの大河ドラマ、「いだてん」が始まった。マラソンの父といわれる金栗四三も主な登場人物の一人である。箱根駅伝の創設に尽力している。熊本の出身で、最近地震でお騒がせした玉名の和水(なごみ)町。明治30年頃である。小学校は12キロの道のりを早足で登下校している。履いてるのは靴ではなく草履。成績はよかったので東京師範学校へ。そこで、「柔道の父」でもあり「日本の体育の父」とも呼ばれた嘉納治五郎と、金栗四三は運命的な出会いをするのだ ◆校長の嘉納治五郎はアジアで初めてのIOC委員に選ばれる。日本を第5回ストックホルムオリンピック大会に参加させると決意する。予選会のマラソンに出場した金栗四三はそのころ日本には存在しなかったマラソンシューズでなく、特製のマラソン足袋を履いて、世界新記録を27分も破る記録で優勝してしまうのである ◆予選会で驚異的な記録を出した金栗四三は日本で初めてののオリンピック出場選手に選ばれる。ところが長旅や現地の食事に悩まされながらのスタート。途中で意識を失い、助けられ一晩農家で過ごしてしまう。結果、ゴールに届かず記録は「行方不明」扱い。これには後日談があって、55年後、金栗四三はスエーデンに招待され、用意されたゴールのテープを切った。「金栗四三選手、54年8ヶ月5時間32分20秒3の記録でゴールしました。」

あおばタイムズ
http://www.ningenkobo.com

2月 8日(金)乾坤一擲    青葉区版430号

一月十四日、話題の豊洲市場をちょっと見ておこうと電車で出かけた。あれだけ騒がれたんだから、祭日の休みの日、市場は混んでるだろうなと早朝の電車の中。市場の中のお店で何を食おうか、と胸をときめかせていた。モノレールのような空中を走る電車。まわりは高層のビルが林立す壮大な車窓。豊洲市場駅に着くと、おやっ、人はまばら。「市場、場内の店舗は日祭日はお休みです」という看板。訪れた中南米あたりの外人たちも困った顔をして、駅員に聞いている。市場は企業なのだから日曜祭日は休むのだそうだ

 ◆こんなところにいても仕方がない。そうだあそこだ。柴又の帝釈天に行こう。柴又の駅は大混雑。「寅さん」の傍に妹「さくら」の銅像が、二年前の三月に建てられている。参道は人、人、人。成人式の振り袖姿もあちこちに。両側のお店から元気のいい掛け声が聞こえる。市場というのは毎日もしくは一定の日、商売人が集まって商品を売買するところなのだ。的屋(てきや)、香具屋(やし)などと一緒に、猿回しなどの大道芸人も門前に市をなした。戦後の混乱期には日本のあちこちに見られた風物で、子供たちの神社のお祭りの楽しみ、はこれだった。帝釈天の参道で育った「ふうてんの寅さん」、は山田洋次の作り上げた「落語の主人公」。「寅さん」は「与太郎」なのだ ◆ところが、最近ネット上で、「男はつらいよ」が嫌いという投稿が話題になっているという。性格に難ありの自称テキ屋がやりたい放題やってるだけ。主人公のいい加減なキャラクターに嫌悪感を感じる、など次々にエントリーされているそうだ ◆落語は立川談志が言ってるように「人間の業の肯定」。業というのは人間の欲や本能。それを認めるのが落語。業を否定することは人間を否定してしまうということ。世の中、肩の力を抜いて生きて行け。豊洲市場は人がまばらで、柴又の参道は人の渦。これがその答えのようだ。

あおばタイムズ
http://www.ningenkobo.com

3月 1日(金)乾坤一擲    青葉区版431号

2014年12月に種子島の宇宙センターから打ち上げられたハヤブサ2号が小惑星「リュウグウ」に降下を開始しする、というニュースが流れた。2月21日だった。3億4000万キロも離れた直系900メートルの小さな惑星である。2016年6月に20キロの上空に到達し観測を続けていた。それがいよいよ地表に降下し、金属弾を発射して砂や岩などのサンプルを採取する。リュウグウにいる時間はほんの数秒。それが成功すると相模原にあるJAXAの宇宙センターは「おおっ!」という歓声に包まれた ◆リュウグウ、である。これはもう誰でも直ぐにお伽噺の竜宮城を連想するに違いない。浦島太郎は海辺で子供たちにいたずらされからかわれている亀を助ける。亀はそのお礼に海底にある竜宮城に案内する。乙姫様のおもてなしに夢のような生活を過ごす。帰りに玉手箱を渡されて、開けてはならない、と言われたが陸に上がると誰も知り合いはいない。景色も違う。開けるなといわれた箱を開けると時が三百年もたって白髪のお爺さんになってしまう。戦後間もない頃の小学校学芸会の定番だった ◆これは日本書紀にも残っている、8世紀、雄略天皇のときのお話で、浦島太郎は、「浦島子」といい、連れて行かれる先は蓬莱山である。浦島太郎伝説は日本中にある。横浜には、神奈川区の慶運寺、浦島太郎の両親が住んでいたところでその墓もあり、「浦島大明神」が祭られている。近くに浦島小学校がある ◆日本から「ハヤブサ2号」が「リュウグウ」へ飛んで行って、一瞬、「お伽噺」が蘇った。残酷な噺は、カチカチ山。捉えられた狸はうまくお婆さんをだまして、「ババ汁」にして食って逃げる。狸は兎にかたきをとられる。兎は背中に背負わせた薪に火をつけて殺してしまうのだ。この事件、ある小学校の模擬裁判で、兎には「懲役15年」という判決がいいわたされた。裁判員制度が導入された年である。

あおばタイムズ
http://www.ningenkobo.com

CGI-design