社論・乾坤一擲管理
<<BACK  2017年  NEXT>>
1月13日(金)乾坤一擲    青葉区版405号

2017年、平成29年、今年は干支でいうと丁酉。「ひのととり」という。60種類の干支がありそれぞれ意味がある。これが一回りすると、「還暦」であり、赤いちゃんちゃんこを着てお祝いされる。生まれたての「時」にもどる訳だ。そうすると、これから先のことを予想するヒントが60年前の、丁酉、1957年にあるのではないだろうか。昭和32年である。戦後12年経っている。前年の経済白書は「もはや戦後ではない」と豪語したが、神武景気、岩戸景気、などと言って経済的には微妙な時代。米ソの冷戦時代でもあった。ソ連が、世界初の人工衛星をぶち上げた。「スプートニク1・2号」。大阪に「主婦の店ダイエー」が開店し、そごうが有楽町に進出して、「有楽町であいましょう」が大ヒット。酉年というのは革命の年といわれている。東海村に原子力研究所。トヨタがアメリカへ自動車の輸出を始めて、日産がスポーツカーを発売した。長嶋茂雄がデビューし、プロレスの力道山がアメリカの世界王者・ルーテーズと後楽園で対戦した。これでテレビが街にあふれ出した。新五千円札、百円硬貨が発行されている ◆さて、60年の終わり、2016年、世界はどう動いたのだろうか。日本では小池百合子都知事が誕生し、アメリカでは予想を裏切ってトランプが次期大統領に選ばれた。イギリスはEU離脱を決めた。憲法改正を国民に問うて敗れ辞職したイタリアのレンツォ政権。フランスのオランド大統領は出馬を断念。サイバー攻撃を指揮し、アメリカ大統領選挙を狙い撃ちし、トランプの勝利に貢献した、ロシアのプーチン大統領。この方は元KGBのスパイである。したたか。北方四島は返す筈がない。隣の韓国は大荒れ。朴大統領が身辺のスキャンダルで弾劾訴追。職務が停止されている。慰安婦像撤去の取り決めが反古にされそうな事態に。北の金正恩は、この韓国の大騒ぎの陰に追いやられてしまった感じだったが、どっこい、ICBMを持ち出して登場した。トランプの大統領式典の前に、実験をするのだろう ◆さて、丁酉の日本、どうやら政治の世界は小池東京都知事の一挙手一投足にかかっているようだ。暮の、都議会での自民党との応酬、これはお見事でした。都議選に「小池新党」から刺客が放たれる。しばらくは目が離せないようだ。

あおばタイムズ
http://www.ningenkobo.com

2月10日(金)乾坤一擲    青葉区版406号


18年ぶり日本人横綱が誕生した。第七十二代横綱稀勢の里寛である。その明治神宮での横綱推挙式と土俵入りが1月27日に行われた。貴乃花のときは2万人だったそうだが、稀勢の里も大変な人気で、それに継ぐ1万8千人。これまで、横綱は蒙古の4人が名を連ねている。日本人と変わらない容貌と身体つき。憎らしいくらい強い。日本人を寄せ付けない。その壁は厚かった。そこにやっと日本人が横綱に推挙されるのだ。このテレビ中継、日本中が久しぶり沸いた ◆その日からである。アメリカの新大統領トランプが選挙の時約束した「大統領令」に次々にサインするニュースが飛び込んで来て、世界中が大騒ぎとなった。メキシコとの国境に壁を作る。費用はメキシコが払え。「悪者を国に入れないため」中東7カ国からの入国を禁止する。これまでのアメリカ大統領にはない品のなさである。イランのロウハ二大統領は、「アメリカの新大統領トランプは政治の未経験者で、素人。何をやるかわからない」「ベルリンの壁が崩壊したことを忘れている」と非難する声明。イギリスではメイ首相がトランプと会談して帰ると、あのアメリカ大統領は入国させない、というデモが国中で起きている。国連の事務総長、グテーレスもあきれている ◆アメリカの大統領は歴代、共和党、民主党どちらであっても、選挙が終わるとある風格がただよっていた。ところがこの45代トランプ大統領にはない。トランプタワーの主そのもので、最上階の自室から国を見下ろしている。アメリカは世界中から移民してきた人たちが作りあげた国なのだ。決して白人たちだけのものではない ◆稀勢の里の日本人横綱の推挙式とトランプ「大統領令」が同じ日だったので、横綱の品格というもの、アメリカの大統領と重ね合わせていた。蒙古の初めての横綱・朝青龍。強かったがやりたい放題。先輩の舞の海に、「おい、秀平!」と呼び捨て。怪我で休場の場所のあと国でサッカー大会に出場。土俵を追われた。同じように、白鵬も横綱の品格はみられない。勝って懸賞金をつかみ、「どうだ!」 ◆稀勢の里の横綱誕生が日本中から待ち望まれたのは、名横綱双葉山の相撲スタイルの復活である。アメリカ大統領は世界の横綱なのではないか。このままでいいのかアメリカ、である。

あおばタイムズ
http://www.ningenkobo.com

3月10日(金)乾坤一擲    青葉区版407号

 昨日、BS・TBSで映画「タワーリングインフェルノ」を放映していた。つい最近地上波放送でもやっていたのに、である。これはもう、あのトランプタワーを意識してるとしか思えない。視聴率は上がる、コマーシャルは集まる、間違いなし、と民放は、この時期、踏み切ったのだ。この映画、1974年、昭和49年のアメリカ映画である。地上550メートル、138階の超高層ビルの落成式で起こる火災事故に織り成す人間ドラマ。消防士のスチーヴ・マックウイーンが好演。世界的大ヒットになった。原題は「そびえ立つ地獄」である。ビルのオーナーの娘婿がビル建設の予算を減らすために配線の規格を細くした。そための漏電事故。トランプタワーのオーナーの家族構成にそれとなく似ている。映画でのビルのオーナー、ダンカン(ウイリアム・ホールデン)とトランプを重ね合わせると、この映画はさらに興味深い ◆さてこちらのトランプタワーである。トランプ大統領のマスメディアとの闘いは続いている。自分に不利な情報は「偽ニュース」だと決め付ける。twitterにも投稿。情報は自分に有利なものしか受け付けない。逆に、自分に有利な偽情報は、「ひとつの事実」だと軽く受け流す。決して否定はしない。すると何が何だかわからなくなり、民衆はまわりの情報に乗ってしまう。これは「影の副大統領」と呼ばれる、スティーヴ・バノンの戦略である。それに「トランプの顧問」と称する女性、ケリーアン・コンウエイが暗躍する。この手法、大統領選挙中に使われていた。相手の不利な情報をネット上に流す。逆にありもしないトランプの良い実績を作り上げてさりげなく話題にする。これを、「影の副大統領」バノンは「闇とはいいものだ」と嘯く。今回のアメリカ大統領選挙は、このネット社会を最大限利用したトランプ陣営の勝利だったのだ ◆ところで北朝鮮の、今回の金正男殺害事件。あれだけ事件の詳細が監視カメラで写し出されていても、「偽ニュース」だとマレーシアの北朝鮮大使・カン・チョルは報道陣の前で主張。こちらはとうとうマレーシアから、「外交上好ましくない人物」として、国外追放になった。殺害された人物は「金正男」ではないという「ひとつの事実」は誰も信じない。ただこの「偽ニュース」と言い続けて行くしかない。この国の「闇」はさらに深まって行くのだろうか。

あおばタイムズ
http://www.ningenkobo.com

4月14日(金)乾坤一擲    青葉区版408号

ついこの前の4月8日、テレビで巨人・阪神戦を観ていたら始球式が始まった。ユニフォーム姿の、背の高いタレント風の女性、マウンド度胸もいい、大きく振りかぶって投げた。凄い玉で、103キロの球速だった。まさか?少し前から投げたんだろう、と投げた位置をみたら、ちゃんと正式のピッチャープレートを踏んでいた。稲村亜美さん、「始球式アイドル」として、今売り出し中のタレントさんなのだそうだ。投げるフォームが本格的なのだ。左手のグラブの位置、肘の使い方、173センチの長身から、しなるように投げ下ろす。どこかのコマーシャルで、バットスイングを披露した。「神スイング」と命名され、評判を呼んだ。投げるのが得意だ、と言ったら、プロ野球の始球式でデビューとなった。この巨人・阪神戦は7回目だった。「プロ野球始球式12球団制覇」、が目標なのだそうだ。日本の野球もここまで来たのか。プロ野球の球場がひとりの女性の一球に度肝を抜かれてしまった。テレビ中継を見ていても、応援席の女性の熱気、野球に「ヤマトナデシコ」をこうまで夢中にさせるのは何か ◆ついこの前、「第4回ワールドクラッシックベースボール」が開催され、アメリカが優勝。やっと本場の面目を保った。今年は参加する国にちょっとした異変が見られた。これまで、世界でベースボール、野球が盛んな国はというと、アメリカと日本。ヨーロッパの国々はあまり関心を示さなかった。ラグビーとサッカーが中心でベースボールへの評価は低い。アメリカでは、6月19日を「ベースボールの日」としている。1846年のその日、南北戦争の15年前だった。イギリスの、ラウンダダーズという、バットとボールを使ってやるスポーツが野球の原型だといわれている。アメリカの国の歴史のスタート、南北戦争で北部から南部にベースボールが広まり、国が一つになった。わずか170年前のことだった ◆WBC、今回は参加国は16ヶ国に拡がる。常勝キューバが力を落とし、お隣の、前回準優勝の韓国も元気がなかった。大リーガーの旧オランダ領出身者がオランダで出場。ユダヤ教に改宗した大リーガーたちが、イスラエルチームを結成 ◆まだ歴史の浅いベースボールも、世界のあちこちでうごめいているようだ。戦後、日本の復興に大きく貢献した野球というスポーツ。発祥はアメリカだが日本が一番よく知ってる。このいい広まりを後押ししなければならない。

あおばタイムズ
http://www.ningenkobo.com

5月12日(金)乾坤一擲    青葉区版409号

最近、羽生善治三冠を破った中学生がいると聞いて驚いた。将棋の世界に詳しい訳ではないが、この少年、最年少プロ棋士だというのだ。七人の先輩プロ棋士に挑戦していく非公式戦で、6勝1敗。破った中の一人が羽生善治名人である。藤井聡太四段、十四歳。対局したときの写真は学生服なので、初々しい。横顔がスケートの羽生結弦選手にちらりと似ている。「新人とは思えない落ち着き。すごい人が現われたなあ」と棋界トップの羽生善治三冠も脱帽。大騒ぎとなった ◆将棋と言えば村田英雄の「吹けば飛ぶよな将棋の駒に、賭けた命を笑わば笑え」、演歌「王将」の浪花の坂田三吉。昭和の前期に独学で将棋を覚え、八方破れの独特の戦法を編み出した。演劇・映画、さらに流行歌でも大人気。ただ、このイメージなので将棋は少年たちにはあまり流行らない。戦後の混乱期、「家でごろごろするな!外で遊べ!」の風潮で内向的なゲームとして遊びの人気ランクも低かった。将棋に注目したのはだいぶ経って、升田幸三という人物が出現してからだった。この方もムードは坂田三吉。髪は総髪、髭茫々。決して教育的風貌ではない。同門の後輩、大山康晴名人との対局は話題になった。破天荒と端正な両極端の棋士同士、因縁の戦い、これは当時社会的関心事だった。升田幸三に勝たせたいが、大山康晴は強い。判官びいき、升田の人気はグングン上がっていく。羽生善治三冠も差したい棋士はだれかと聞くと、「升田幸三」と答えるほどである ◆升田幸三に惹かれるのは、その言動である。「たどり来て未だ山麓」が座右名。「棋士なんて無くてもいい商売なんだ。だからプロはファンにとって面白い将棋を指す義務がある」という。「時代が変わっても人間を磨くのは目的に挑戦する訓練だということは変わらない。今の人も苦労はしてるが、それは物欲を満たす苦労で、自分独特の、独創の苦労ではない」 ◆電王戦、コンピューターには、チェスは勝てないが、将棋では人様がやや有利。チェスは奪った駒を捨ててしまうが、将棋はそれを生かして味方にして戦う。そこを器械は読めない。戦後、GHQは、戦争ゲームの将棋、これが日本の戦争好きの一因だ、と廃止を迫った。「将棋は捕えた駒を殺さない。上手く使うものだ」と升田は応戦。GHQはそのあと、戦犯たちを開放した。将棋が日本の戦後の進路を救ったと言っていい。

あおばタイムズ
http://www.ningenkobo.com

6月 9日(金)乾坤一擲    青葉区版410号

宮里藍ちゃんが今期限りで引退する、と発表した。31歳だという。沖縄の出身で小さい時はピアノをやっていた。ところが二人の兄がやっていたゴルフの練習に付いて行くうちにこの世界にのめり込んだ。高校は東北の東北高校。藍と名付けたのは、父親。「あいうえお」、日本語の最初に出て来る語感のよさからだという。高校時代から「藍ちゃん、藍ちゃん」と大変な人気だった。しばらく音沙汰がないな、と思っていたら、「引退」で登場した。次から次へ下から追い上げてくる。体力の限界というより、トップグループを維持していくモチベーションだろう。ゴルフは試合というより野山を歩き回るレジャーでいいんだから、気楽に楽しむというそういう世界でゴルフ界に貢献して欲しい ◆最近のスポーツは多種多様。あちこちでスポーツ界の話題がある。若い日本人選手の活躍が目立つのだ。テニスの錦織圭。スポーツニュースにとにかく出て来る。身体大丈夫か?そんなに出なくてもいい、少し休んだらと心配してしまう。日本語でテニスは庭球といい、優雅なご年配の方々のレジャー。皇太子と美智子さんのロマンスの場で当時はテニスブームが俄かに起きた。錦織圭の登場はそういう世界を一変。最近、負けた悔しさにラケットを叩きつけて壊してしまった。これには批判が相次いだ。日本のテニス界の歴史と常識を書き換え続ける男は、翌週、ケロッとして、全仏オープンのベスト8を確保した ◆ドイツで行われた「世界卓球選手権」での若手日本人選手の活躍は目を見張る。ここでも「愛ちゃん」が先頭に立って若手を引っ張って来た。その後輩たちが奮起。石川佳純が吉村真晴と組んで混合ダブルスで金。平野美宇は女子シングルスで銅。今回、注目を集めたのは13歳の張本智和。シングルスで、世界3位の中国の許に敗れたもののベスト8に入った。「相手のサーブの回転量が全然ちがった。チャンスはあった。あと2、3年もしたら勝てるかもしれない」。恐ろしい13歳が現われたものだ ◆若い世代の強化がこれからの日本スポーツ界の課題だが、忘れてはならないのは先人たちの偉業だ。昭和7年、ロサンゼルスオリンピックに初めて出場した体操の本間茂雄選手。惨敗を経験して、後輩たちを育てるテーマは「一技萬錬」だと確信。一つの技を一万回繰り返せというのだ。これはスポーツには限らない。若い世代への金言でもある

あおばタイムズ
http://www.ningenkobo.com

7月14日(金)乾坤一擲    青葉区版411号

6月19日は「ベースボール」の日。ニューヨークの銀行家、アレキサンダー・カートライトという人のアイデアで、今日の野球に近いルールで最初の試合が行われた。その日が1846年6月19日。ニューヨークに近いニュージャージー州ホーボーゲンで、自分の率いる「ニッカボッカーズ」と「ニューヨークナインズ」。世界最初のベースボール試合開催である。カートライト氏が主審を務めている。結果は23対1で「ニッカボッカーズ」の大敗だった ◆その頃、日本は幕末の入口、江戸幕府は第十二代徳川家慶。浦賀にアメリカ船がやってきて開国を迫っている。孝明天皇が15歳で即位している。ベースボールの発展と明治維新は時間を共有して進んで行く。25年後、1871年明治3年、ウイルソンという一人のアメリカ人が、その「ベースボール」を引っさげて日本にやって来る。東京大学予科の学生たちを指導した。「打球鬼ごっこ」と呼ばれていた。これに夢中になっていたのが、俳人の正岡子規である。「野球」という呼び名は彼らの「打球鬼ごっこ」仲間たちから生まれたのだ ◆日本では8月9日を「野球の日」と言うそうだが、どこかのスポーツ用品メーカーの作。これはただの語呂合わせで歴史的な意味はない。2月5日も野球の記念日だという。これは今のプロ野球の祖となる、全日本職業野球連盟の結成された日のことである。1936年昭和11年、登録第1号は、西鉄ライオンズの名監督、三原脩。大学の初任給が64円の時代、三原脩の月給は177円だった ◆2017年の大リーグ・オールスター戦は87回目。はじまりは一人の少年の投稿からだといわれている。「ベーブ・ルースとカール・ハッペンの対決を見てみたい」。両リーグ選抜の夢の対決が実現。ベーブ・ルースがホームランを打っている。勿論、日本でもオールスター戦が、戦後、真似て行われた。1951年、昭和26年である。このベースボールと野球、似て非なるスポーツといわれるのは、どうも両国の文化の違から来ているようである。

あおばタイムズ
http://www.ningenkobo.com

8月18日(金)乾坤一擲    青葉区版412号

 8月15日、72回目の「終戦記念日」がやってきた。これは北朝鮮では「祖国解放記念日」とする祝日になっている。日本はその前の、6日に広島、9日に長崎、とアメリカ軍によって原爆が落とされている。小紙は2才。熊本で宇土半島ごしの雲仙岳の向こうに、その時、きのこ雲が上がったんだと、もの心がついた頃、よく聞かされていた。それが長崎に落ちた原子爆弾だった。俳句に「八月や六日九日十五日」というのがある。なかなかいい。これの類似句が結構多いのだそうだ。ところがこの句の意味が分からなくなった世代が増えてきたのだという ◆最近、クニマスが秋田の田沢湖に戻ってきたというニュースで、この鱒の棲息が話題になった。戦時中、軍需産業のため田沢湖の水が発電所に使われるようになった。酸性の玉川の水が入り込んできて、食糧として大変な人気のあったクニマスは絶滅してしまったのだ。2010年、それが山梨の西湖で発見されて大騒ぎになった。故郷の田沢湖に何とか返そう、と実験が繰り返され、この5月、里帰りがかなった ◆最近の、北朝鮮とアメリカのトップ同士の舌戦には、いささかあきれ返る。北朝鮮の金成恩の挑発に、大国アメリカのトランプは軽く乗ってしまう。それをニュースは煽り立てる。テレビの映像はこれでもかこれでもかと全世界に流れる。金成恩はすでに世界から孤立しているのだ。グアムに弾道ミサイルを4発ぶち込むと発表すると、トランプは「北は世界が見たことのない炎と怒りに直面するだろう」。金成恩は「愚かなアメリカの行動をもう少し見守る」。バックアップしている中国もロシアも北が崩壊して国境を越えて難民が押し寄せてくるのを恐れている ◆武者修行で旅をしている新陰流の上泉伊勢守信綱。ある村で囚人が子供を捕えて人質にして立てこもっていた。手が出せない。すると信綱は僧に法衣を借り髪を剃った。静かに近づいて「腹が減ってるだろう」と握り飯を渡した。その隙に子供を奪い返した。こういう逸話が日本には残っている。

あおばタイムズ
http://www.ningenkobo.com

9月 8日(金)乾坤一擲    青葉区版413号

 このところ、金正恩朝鮮労働党委員長の言動に世界中が注目している。ただ、この国の人たちの動向、どういう暮らしをしているか、内部からは、その情報はまったくない。国境越しに軍の兵士たちが川で身体を拭いているところを中国人たちが覗いて、痩せた身体に同情しているというニュースがあった。ガリガリだ。双眼鏡で弾道ミサイルの実験を見ながら、得意げな金正恩の体躯、栄養豊富な食生活でなければ、あんなにはならない。日に日に膨らんで行く。周りで手を叩いているご年配の取り巻きも太った者はいない ◆この南北に国が分断されたのは第2次世界大戦終結直後だ。それまでは日本の統治下にあった。そこに北からソ連が入り込んできた。日本の北方領土に、8月15日のポツダム宣言受諾するという情報を得ると、ソ連はその前に、条約を無視して侵入して来た。手口があまり変わらない。南側をアメリカが後押しをする。ソ連は朝鮮半島の日本のすぐそこの釜山まで迫った。ここで日本占領連合軍最高司令官、ダグラス・マッカサーが登場する。国連を動かして仁川に上陸し北上、38度線付近で膠着。板門店で休戦協定が結ばれる。昭和28年7月である。休戦、戦いをちょっと休みにしようよ、ということだ。だから南北はまだ戦争状態ということになる。ダグラス・マッカサーは、バックにいる中国に対して爆撃する、北には原爆を投下すると強硬策を主張。これで金正恩の祖父、金日成はたちまち怯んでしまった。それ以来、北は南との再戦には核兵器だ、と研究に邁進する。ダグラス・マッカサーの名セリフ「アイ・シャル・リターン」。北に潜んでしまう。三代目が忠実に家訓を守っているという訳なのだ ◆当時のアメリカは第33代トルーマン大統領だった。中国を爆撃する、北へ原爆を投下するというマッカーサーの主張を連合司令官解任という形で退けてしまう。今のようなメディアもない。ツイッターもない。戦線から突然帰国命令。議会に召喚されて、解任を通告されると、ダグラス・マッカサーは、「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」とひと言。アメリカというのはこういう国だったのだが。

あおばタイムズ
http://www.ningenkobo.com

CGI-design