五輪

オリンピックの五輪のマークは、ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、アジア、オセアニアの五大大陸を表わしている。来年はアジアの東京で開催される。メインイベント、陸上のマラソンの会場が札幌に変更。ランナーズファースト、がIOCの主張。日本では五輪は宮本武蔵。武術の奥義。こういう決定は気にすることはない。

五輪の道 奥は空なり 曼珠沙華       無得庵是空

日々是好日 山波平九朗
令和元年11月2日  

即位礼

即位礼正殿の儀、10月22日、191カ国の国から、国王クラスの出席あり、壮観だった。高殿座、あの中に天皇が入ると、降っていた雨がやみ、瞬間日差しが。黄櫨染というお召し物は天皇だけ着用できるもの。威厳がある。こういうしきたりは他の国には見られない。誇るべきもの。

その瞬間 天の光か 秋の風         無得庵是空

日々是好日 山波平九朗
令和元年10月26日



ベストエイト

10月13日は台風19号、上空通過。セ・パの日本シリーズ出場チームが決まる。ラグビーワールドカップ、ベストエイトをかけて、日本とスコットランド戦。沸きましたね。強豪スコットランド、ラグビーの本場、を28対21で撃破。ベストエイトに進出。日本もラグビーブームの予兆。この勢い、世界一も夢ではない。

ノーサイド オフロードパスや 新酒汲む     無得庵是空

日々是好日 山波平九朗
令和元年10月15日


カネやん逝く

カネやん逝く。川上が熊本の水前寺球場に来た時、見に行った。小学校4年生の頃。そのころ国鉄から金田正一がデビュー。ジャイアンツ入団し開幕で4打席4三振の長嶋茂雄。鮮烈な野球のドラマが始まる。最盛期には球速は180キロはあったと豪語。金田、長嶋、王、その一角が崩れる。

剛球の レジェンドありし 芒散る

日々是好日 山波平九朗
令和元年10月7日

日本の野球

日本の野球は戦後あらゆるスポーツよりずっとトップだった。六大学野球、巨人阪神戦、春夏甲子園。日本中が沸いた。U-18の惨敗、これは日本の野球凋落の兆しか。投球数、試合日程、がむしゃらな夏炎天下の闘いが、どこかに。そこにラグビー(闘球)、バスケット(籠球)の台頭。テレビの映像、こちら迫力がある。

野球食う 闘球籠球 秋出水        無得庵是空

日々是好日 山波平九朗
令和元年9月24日

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 next>>