栃の心

栃の心

同じ外国力士でも今場所の栃の心はいい。優勝のインタビューには感涙。先場所の白鵬とは大違い。ジョージアという国の名前でどこだ?と思ったが、グルジアの英語名だという。日本人の心がこの力士の身体の中に。やったぞ栃の心。

初場所の 栃の姿こそ 相撲道           無得庵是空
 ブルース・リー 燃えよドラゴン         菩提亭写多・撮影
平成30年1月29日
日々是好日 山波平九朗
寒中マラソン

寒中マラソン

1月21日は青葉台地区野球リーグの新春マラソン大会。これは続いている。好天の中和やかな大会だ。9チームのそれぞれの特色が出て応援団も楽しい。

寒中に 鍛えて子らの 輝きて        無得庵是空
写真 一斉にスタート            菩提亭写多・撮影
平成30年1月21日
日々是好日 山波平九朗
観世音南無仏

観世音南無仏

22日はお昼前に雪。これがずんずん降って一面真っ白。都会は雪に弱い。電車も車も立ち往生。夜9時には静かになったが翌朝の雪道の残雪に車は苦戦。すると草津で火山が噴火。自然の前に人間の小ささよ。

人生に 解決はないさ 寒見舞い       無得庵是空
写真 十句観音経の書 本多青仁斎靖邦書   菩提亭写多・撮影
平成30年1月23日
日々是好日 山波平九朗
稀勢の里寛

稀勢の里寛

初場所、とうとう稀勢の里休場。左肩の怪我はやはり精神的にきつい。気になる。これが相撲を取る氣を先に進めない。無事これ名馬、至言である。まず休め。どこかの寺で座禅を組め。元の姿を取り戻せ。

初場所や また休むのか 稀勢の里      無得庵是空
写真  お相撲さんのどこがようて惚れた   菩提亭写多・撮影
平成30年1月18日
日々是好日 山波平九朗


振り袖

振り袖

1月15日は確か「成人の日」だった。この日と決めないで第2月曜日となって何かおかしくなったのでは。いつの間にかあんな豪勢な振袖。この日だけのために?成人したこと身内でささやかに祝う。江戸時代の元服式のようなもの。成人になったらあんなものはいらない。


成人の日 振り袖よりも その心         無得庵是空
写真 高尾山にある北島三郎歌碑         菩提亭写多・撮影
平成30年1月15日
日々是好日 山波平九朗
<<prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 next>>