宮本武蔵 日本剣道史

宮本武蔵 日本剣道史

宮本武蔵がある夜、庭の涼み台に腰を掛け、団扇を持って涼んでいた。そこへ門弟の一人が武蔵の腕を試そうとして、不意に短刀を提げて涼み台に飛び上がって来た。その瞬間、武蔵はツト立ち上がりざま、ゴザの片側を掴んでぐっと引き寄せた。弟子はまっさかさまに倒れて落ちた。武蔵は何も騒ぐことなく平然としていた、という話がございます。

本多青仁斎靖邦のひとりごと
平成30年1月19日

合気道青葉塾道場機関紙「あしなみ」
http://www.ningenkobo.com/aikidou/aikidou1/aikinews.pdf
宮本武蔵 古老茶話

宮本武蔵 古老茶話

宮本武蔵は豊前小倉で佐々木眼柳という剣術使いと同船した。試合のことが申しだされた。武蔵は櫂を持って岸に上がる。眼柳は真剣を持った。武蔵は眼柳が横になぎってきたので飛び上がった。武蔵の皮袴の裾が1寸ばかり切られた。武蔵はその瞬間、櫂を振り下ろして打ちひしいた。その時からその島を眼柳島と名付けた、と「古老茶話」という書物に書かれている、という話がございます。

本多青仁斎靖邦のひとりごと
平成30年1月9日

青葉塾道場機関紙「あしなみ」
http://www.ningenkobo.com/aikidou/aikidou1/aikinews.pdf

宮本武蔵 五輪の書

宮本武蔵 五輪の書

宮本武蔵、自身五輪の書の序に記していう。「我若年の昔より、兵法の道に心をかけ、十三にして初めて勝負をなす。その相手、有馬喜兵衛というものに打ち勝ち、十六歳で但馬の国秋山という強力の兵法者に勝つ。その後、処々の兵法者に出逢い、六十有余まで勝負すと雖も一度もその利を失わず。その程十三より二十八、九までのことなり。その後も朝鍛夕錬して、自ずから兵法の理に達したのは、五十歳のころなり」。剣の道を究める自身の修行を書き残した「五輪の書」というのが今でも読まれ続けている、宮本武蔵という剣豪の逸話がございます。

本多青仁斎靖邦のひとりごと
平成29年12月25日
第12回青葉武道演武大会

第12回青葉武道演武大会



青葉武道演武大会

平成29年11月23日(祝・木) 
青葉台中学校 道場


青葉武道演武大会は合気道青葉塾道場の創立記念日の11月23日(祭)に、2006年から始りました。今年は第12回目になります。明府真影流手裏剣術、柳生新陰流、柳生心眼流体術が参加しました。

あおばタイムズ映像ニュース(http://www.ningenkobo.com)で中継。


青葉武道演武大会 
主催合気道青葉塾道場
http://www.ningenkobo.com/aikidou 
第12回青葉武道演武大会

第12回青葉武道演武大会

青葉武道演武大会

平成29年11月23日(祝・木) 
青葉台中学校 道場
12時より

青葉武道演武大会は合気道青葉塾道場の創立記念日の11月23日(祭)に、2006年から始りました。今年は第12回目になります。古武道の団体に呼びかけました。明府真影流手裏剣術、柳生新陰流、柳生心眼流体術の参加の予定です。

あおばタイムズ映像ニュース(http://www.ningenkobo.com)で中継します。


青葉武道演武大会 
主催合気道青葉塾道場
http://www.ningenkobo.com/aikidou 
天下の許し

天下の許し

板倉甲斐守は渋川友右衛門に柔術を習っていた。「わしはそなたに柔術習っているが、当身というものがあって四五年も習っていれば自由に投げることが出来る、と聞いてるが、そなたは何も教えてくれないが、どうしてか」と聞くと、「ご不審ごもっともですが、しかしながらまだ修行が足りないのです。この当身というのは腕ずくの力技ではありません。四書五経、などおさめ読むというのも修行です。允可、というものは師が授けるもの、それは師匠ぎりのもので役には立ちません。世間の人が許してこそ、天下の許しというものなのです」これを聞いて甲斐守、「柔術というものはむずかしいものだな」と言って、その後は何の話もなかった、という話がございます。

本多青仁斎靖邦のひとりごと
http://www.ningenkobo.com/aikidou
平成29年11月10日


三年先の稽古

三年先の稽古

相撲の世界ではなるほどと思わせるいい言葉がある。「三年先の稽古」というもの。目先にとらわれず基本をしっかり身につけろ、ということだ。稽古の出典は「書経」で、「古の帝堯を稽(かんが)ふるに…」というところから出ている。稽古はそこから「昔の」ことを考える、学問をする、学習をする、考えて積み重ねる、となった。武蔵の言葉に「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす」というのがある。相撲界のある重鎮の言葉、「相撲取りの身体は一種の芸術品だ。ただ、それは出来上がったすばらしさだけでなく、作り上げるまでの厳しい稽古、鍛錬、それを見るべき、だろう」(大相撲こてんごてん 半藤一利著)という、稽古の話があります。

本多青仁斎靖邦のひとりごと
http://www.ningenkobo.com/aikidou
平成29年10月20日




宮本武蔵 仇討ち

宮本武蔵 仇討ち

ある日一人の少年が武蔵を訪ねてきた。父の仇討ちがあるのだが、必勝の太刀筋をご伝授願いたいというのだ。「よろしい授けよう。左に短刀を取り、右手に太刀を持ち、まっしぐらに駆け込め。敵の打つ太刀が短刀にかかった時、右の太刀で敵の胸先を突くがよろしい」。終夜この練習をして自得するところがあった。そこで再度武蔵を訪ねると、「快勝間違いなしである。明日その場に至り、腰を掛ける時、足元を見よ。蟻が這い出していたら、必勝の兆しだ」と言って少年を帰した。その場に着いて下を見ると蟻が出ている。いよいよ心丈夫に思い、勝負に及んだ。武蔵の教えたとおり、何の苦もなく、相手を倒した、という話がございます。

本多青仁斎靖邦のひとりごと
http://www.ningenkobo.com/aikidou
平成29年10月13日




打ち抜く

打ち抜く

突きを入れたときは、いつも向こう側へ二、三尺も突き抜く心持で突かねばならない。柔術でも人を投げるのに畳の上に投げると思うてはとても人は投げられない。ねだを打ちぬき、土の中に三尺も投げ込む気で投げなければならない。一刀流名人海保帆平は常々こういっていたという。「上段から相手の面を打つときは、必ず相手の肛門まで打ち割る心持ちで打たねばならない」。技より気迫、勝負とはそういうものである。

本多青仁斎靖邦のひとりごと
http://www.ningenkobo.com/aikidou
平成29年10月11日

写真は仲秋の名月。道場を覗く。
宮本武蔵

宮本武蔵

青木条衛門なるものと兵法談義をしている時、赤色の派手な腕貫をちらりと眺めて、「それは何か」と聞くと、仕合の時つけるという。武蔵はたちまち機嫌が悪くなって、叱り飛ばした。児小姓を呼んで、飯粒を取り寄せた。前髪の結び目にその飯粒を一粒つけて、立たせた。自らも立ち、刀を抜き、上段より振り下ろし、飯粒を二つに切り裂いた。それを3度やってみせて、「この通り手業が熟しても、勝つことは難しい。おぬしの了見、仕合など以ってのほかだと追い返した、という話がございます。

本多青仁斎靖邦のひとりごと
http://www.ningenkobo.com/aikidou
平成29年10月5日


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 next>>