全日本合気道演武大会終る

令和元年5月25日(土)、日本武道館で第57回全日本合気道演武大会が行われた。これで令和に入って最初の行事が終る。これで次は全日本合気道少年錬成大会(令和元年7月14日)だ。その準備を始めなければ…。

取る手軽く 置く手は重く 梅雨時雨      無得庵是空

令和元年6月7日
至道無難 山波平九朗


合気道青葉塾道場
http://www.ningenkobo.com/aikidou
aoba10@ningenkobo.com
TEL 045-902-1808

連続43回の全日本合気道演武大会

令和元年5月25日(土)、日本武道館で第57回全日本合気道演武大会が行われる。令和に入って最初の演武会だ。合気道青葉塾道場は第15回大会から出場している。道場創設3周年の年。日本武道館での最初の大会だった。それまでは日比谷公会堂。1977年、昭和52年5月21日だった。その年に初めて参加し、続けて今年は43回目となる。

積み重ね これが修行ぞ 夏来る        無得庵是空

令和元年5月20日
至道無難 山波平九朗

令和元年五月から合気道始めよう!

合気道青葉塾道場
http://www.ningenkobo.com/aikidou
aoba10@ningenkobo.com
TEL 045-902-1808

剣璽等承継の儀

令和元年5月1日に皇居の前にいた。いよいよ令和だ。剣璽等承継の儀の最中。二重橋の周りには人人、人。儀式を終えた天皇が通るところを警察官が整理中。あたりの空気はもう令和。平成はあっという間に去っていった。

この道に 己を探せ 五月雨        無得庵是空

令和元年5月1日
至道無難 山波平九朗

令和元年五月から合気道始めましょう!

合気道青葉塾道場
http://www.ningenkobo.com/aikidou
aoba10@ningenkobo.com
TEL 045-902-1808

令和元年

よしこれをやるぞとその道を決めると、教わるのでなく己を厳しく指導するのは己。人を頼ってはならない。逃げてはいけない。真っ直ぐ突き進んでいくのが修行。果てはない。新しい時代の令和はすぐそこだ。

こころざし 深く捧げて 春の果て      無得庵是空

平成31年4月27日
至道無難 山波平九朗

令和元年五月から合気道始めましょう!

合気道青葉塾道場
http://www.ningenkobo.com/aikidou
aoba10@ningenkobo.com
TEL 045-902-1808

竿の先

稽古は人のためにやるのではない。己を鍛えるため。それは身体と心を同時に強くしていく。気持ちが先になる。引っ張って行くのは己の心。そうすれば必ず成る。一つずつ、一つずつ。

竿頭の 一歩先まで 春の雷          無得庵是空

平成31年4月9日
至道無難 山波平九朗

令和元年五月から合気道始めましょう!

合気道青葉塾道場
http://www.ningenkobo.com/aikidou
aoba10@ningenkobo.com
TEL 045-902-1808




春風

合気道のスタートは1969年8月。昭和44年。あれから50年。それを新しい元号の元で迎えることになる。元号発表の日、4月1日、11時41分は千葉の大多喜城の満開の桜の中である。令和元年が50周年となる。


己には 厳しく人に 春の風       無得庵是空
平成31年4月3日
至道無難 山波平九朗


知恵詣

世の中は後ろ向きにしかわからないが、とにかく前を向いて生きていかなければならない。世界中がこれだけ進歩してしまったが、人間の生き方が変わって、先が見えるようになったか、というとそうではない。人間そのものはこれまでと同じ。先はまったくわからない。それを読んで行くのが、人間の大きな仕事。

修行とは 前のめりで 知恵詣         無得庵是空
平成31年3月20日
至道無難 山波平九朗

お彼岸

昨日は卒園・卒業のお祝いの会。2時から稽古の後、イタリアンのお店へ。幼稚園が二人、小学生が一人、中学生が二人、高校生が一人。にぎやかなひと時だった。今日は彼岸の入り。

練習は 完成を目指す 入り彼岸         無得庵是空
平成31年3月18日
至道無難 山波平九朗




啓蟄

雨が二日続いた。3月5日、今日は晴れた。これで天気は落ち着くのか?1月、2月全日程が寒稽古。木、土、日の週3日の稽古にどれだけ参加できるか、である。武道の稽古はああだこうだと、何も考えない。無心に足を運ぶ。知らないうちにいろんなものが身体に入り込んで来る。これは大変な財産。明日は啓蟄。冬眠から動物たちが目を覚ます。

啓蟄や 剣さばきの 音静か      無得庵是空

平成31年3月5日
至道無難 山波平九朗

畳の上

今年は2月、暖かい。どうしたのだろう。この時期土日の稽古は雪で中止になることがよくあった。ところが寒くない。稽古に丁度いい。技を身につけるというのは道場にやってくるということ。まず基礎を作る。武道をやり続けるための基本を身につける。理屈ではない。道場に通ってるうちに何となくそうなって行く。あせってはいけない。

畳の上 土俵と思え 春きざす           無得庵是空

平成231年2月23日
至道無難 山波平九朗


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 next>>