いまだ木鶏たりえず

白鵬が連勝63でストップ。破ったのは日本人、平幕・稀勢の里。敗因は「心のスキ」と横綱白鵬。70連勝ならなかった双葉山の有名な言葉。「いまだ木鶏たりえず」。

二日目に 木鶏消えし 神の留守         無得庵是空
写真  本多青仁斎靖邦の剣           菩提亭写多・撮影

平成22年11月16日
山波平九朗

龍馬の日

北辰一刀流目録、坂本竜馬が暗殺された日。NHK龍馬伝は佳境に。下士の坂本竜馬が大殿様へ建白書提出のお願いに。土佐藩主・山内容堂を演ずる近藤正臣がいい。

そろばんか 士のこころざしか 紅葉散る      無得庵是空
写真  本多青仁斎靖邦の居合           菩提亭写多

平成22年11月15日
山波平九朗

道の場

日本の武術は世界に類がない。己を殺して敵と対峙する。己を捨てている。道場というのは道を求める場。日本独特の宗教観に基づく。


武術の粋 芸術という 冬麗         無得庵是空
写真  本多青仁斎靖邦の稽古         菩提亭写多・撮影

平成22年11月14日
山波平九朗

道の

日本の武術は世界でも特殊だ。日本の独特の宗教観と結びついている。道場という名前からしてそうではないか。道を求めて修行する場。

抜刀術

今日は6本斬った。ちょうどいい。月2回にしたのがよかった。間があったほうがいい。斬ると身心爽快となる。

もののふの 己を捨てるや  落葉掻き       無得庵是空
写真   本多青仁斎靖邦の巻き藁斬り       菩提亭写多・撮影

平成22年11月12日
山波平九朗

巌の身

武蔵は尾張滞在中、道端で偶然、柳生兵庫助と出会った。お互い面識はない。達人は達人を知る。「柳生兵庫助どのでは?」「おお、宮本武蔵どのか」。

巌の身 動かぬ心 冬紅葉              無得庵是空
写真  本多青仁斎靖邦の杖             菩提亭写多・撮影

平成22年11月11日
山波平九朗

三日月

7時に青葉スポーツセンターに行った。ひとり稽古は久しぶり。外はすっきりとした三日月だった。繊月ともいう。ノの字だ。


三日月の 下で剣振る 稽古かな          無得庵是空
写真 本多青仁斎靖邦の居合            菩提亭写多・撮影

平成22年11月10日
山波平九朗

認定書

土曜日、剣術・杖術講習会の認定書を渡した。毎年、春・秋2回実施。少年部にとっては杖はおもしろい。上達もはやい。秋の合気道審査の結果も渡した。

合気とは みえない力 冬来る           無得庵是空
写真   認定書授与式              菩提亭写多・撮影

平成22年11月9日
山波平九朗



立冬

7日は立冬。冬である。静かでさっぱりとした冬の庭。春までに何かを蓄えるため土の下は蠢く。


武術修行 カタルシスなり 冬浅し        無得庵是空
写真  本多青仁斎靖邦の居合          菩提亭写多・撮影

平成22年11月8日
山波平九朗



剣を振る。長くなくともいい。一瞬でもいい。爽快感が…。


切り結ぶ その一瞬の間や 薄紅葉        無得庵是空
写真 本多青仁斎靖邦の居合          菩提亭写多・撮影

平成22年11月7日
山波平九朗

<<prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 next>>